会社概要

会社沿革

1951

鈴木昭八郎が個人にて鋳造業を開業

1959

株式会社鈴木鋳造所として会社組織に変更(資本金150万円)

1969

現在地へ工場移転のための用地の取得及び増資(資本金600)

1970

第1鋳造工場稼働開始

1971

資本金を1200万円に増資

1973

熔解・鋳造設備合理化により500トン/月の生産体制を確立

資本金を2400万円に増資

FMM造型機1号機を導入

1977

社名を株式会社ヤマキに変更

1978

FMM造型機2号機導入

1979

APS静圧造型機導入

1982

FMM1号機をFBS造型機に更新

1987

APS静圧造型機2号機導入(APS-H4T造型機)

1988

熔解・鋳造設備合理化により900トン/月の生産体制確立

1989

機械加工部門設置。産業機械等の機械加工を始める

FBS造型機をDISA2110造型機に更新

1991

FMM2号機をFBM造型機に更新

1995

代表取締役に鈴木英昭就任

1997

横型マシニングセンター(SH-50)導入により機械加工に本格参入

労働省より快適職場推進事業所の認定を受ける

2000

縦型マシニングセンター(MV-653)導入

2001

創業50周年を迎える

2003年

トラクタ部品の機械加工に参入

2005年

第2加工工場建設

マシニングセンタ(MA600 □630 2PC)2台導入

三次元測定機(東京精密SVA1215A)導入

2007年

KDM鋳造工場稼働開始

KDM造型機(1000×800×325×325)導入

社内鋳造生産能力を1500トン/月とする

2009年

マシニングセンタ(MA600HB □630)2台導入

2011年

KDM鋳造工場に型・中子保管用自動倉庫(450コマ)を設置

2016年

鋳仕上げ設備(バリンダー)導入 N8i-FD22R-R 2台導入

マシニングセンタ(MB-8000H □800 10PC)1台導入

2017年

FCMX鋳造工場稼働開始

FCMX造型機(700×600×180~250)導入

社内鋳造生産能力を1800トン/月とする

2018年

事務・厚生棟を建築